横領の県職員を懲戒免職=出資団体から220万円−宮崎(時事通信)

 宮崎県は5日、地域医療担当副主幹の男性職員(46)が、県などが出資・管理する医療関係の任意団体の口座から計約220万円を横領したとして、同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。横領金は競馬や借金返済などに充てたという。職員の親族が既に全額返済したが、県は刑事告発も検討している。
 県によると、職員は2008年4月から副主幹となり、団体の口座管理を担当。競馬などでつくった借金が約1500万円に膨らんだため、09年8〜11月、無断で印鑑を使用するなどして、約220万円を6回に分けて口座から横領した。その後、職員が「通帳を紛失した」としたことなどから、今年1月に別の職員が口座を確認して発覚した。 

輸血準備「いらん」 執刀の山本病院理事長、患者死亡の一因か(産経新聞)
デルタ機格納庫に男性遺体=成田空港(時事通信)
爆窃団、仙台の盗品も所持…捜査員香港へ(読売新聞)
首相が会見でまた“勇み足”…メキシコ大統領会談(読売新聞)
足りない!盲導犬“育ての親” 条件が壁…育成団体、協力呼びかけ(産経新聞)
[PR]
by vzrlzho3bc | 2010-02-10 03:32
<< <東大寺>次期同宗管長に北河原... 民主、景気認識ただす=10年度... >>