民主、景気認識ただす=10年度予算が実質審議入りへ−衆院委(時事通信)

 衆院予算委員会は5日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して2010年度予算案に関する基本的質疑を行い、実質審議入りする。民主党の池田元久氏はトップバッターとして、二番底が懸念される景気の現状認識や、納税者番号制度の導入について、政府の見解をただす。続いて、社民党の照屋寛徳国対委員長、国民新党の下地幹郎政調会長らが質問に立ち、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題などを取り上げる。
 午後からは自民党の石破茂政調会長や菅義偉元総務相らが質問。石川知裕衆院議員が政治資金規正法違反罪で起訴されたことを受け、首相や小沢一郎民主党幹事長の政治責任を追及する。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏を不起訴〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

「22万非正規社員を正社員に」 郵政亀井プラン本気なのか(J-CASTニュース)
鳩山首相、人権侵害救済法案の早期提出表明 言論統制の危険性も(産経新聞)
環境キャンペーンでコラボ=日テレ、NHK(時事通信)
社民・国民新、岡田外相の「普天間継続も」発言に反発(産経新聞)
<横浜事件>元被告の遺族に全額補償 事実上無罪判決 地裁(毎日新聞)
[PR]
by vzrlzho3bc | 2010-02-09 09:28
<< 横領の県職員を懲戒免職=出資団... <峰崎副財務相>「国際線は1社... >>