不合格者に合格書類 首都大東京、謝罪も「不合格は変わらない」(産経新聞)

 首都大学東京(東京都八王子市)が昨年12月に実施した平成22年度の推薦入試で、不合格者に誤って合格通知の書類を郵送していたことが18日、分かった。

 同大学によると、昨年12月2日、都市教養学部の推薦入試の合格者番号が掲示され、職員がその番号を元に合格関係書類発送。ところが、職員が送付データを打ち込む際に住所と氏名と間違え、不合格となった男子受験生に書類を発送してしまたっという。

 書類が12月4日、受験生に届き自分の受験番号と違うことに気づき発覚した。大学側は受験生に事情を説明し謝罪した一方、「不合格は変わらない」としている。

【関連記事】
センター試験設問で「外国人参政権容認?」
センター試験 ミスの発端は信州大の試験監督者
追試対象は過去最多の961人 インフルは500人超
合格するぞ!必勝祈願スパート 東京・湯島天神
迫る受験、浪人生の悲哀…新型インフルワクチンは優先接種外

通常国会 「政治とカネ」最大焦点に 予算審議に影響も(毎日新聞)
「政治とカネ」で与野党激突へ=第174通常国会召集(時事通信)
更生法申請「経営の結果」=平野官房長官(時事通信)
予算繰越制度の運用改善=使い切り慣行を排除−財務省(時事通信)
屋久島元社長不明 栃木の古井戸に遺体 指紋で身元確認(毎日新聞)
[PR]
by vzrlzho3bc | 2010-01-21 02:36
<< 「明美ちゃん基金」に寄付金30... <衝突事故>バイクの高校生ら死... >>