副大臣が4回長崎出張=知事選前、農水相も1回−政府答弁書(時事通信)

 政府は5日午前の閣議で決定した答弁書で、今年1月から長崎県知事選投開票日の2月21日までに、赤松広隆農水相が1回、地元の衆院長崎3区選出の山田正彦副大臣が4回、長崎県に出張したことを明らかにした。民主党は同知事選で、敗北した農水省出身の橋本剛氏を推薦していた。
 自民党の宮腰光寛衆院議員の質問主意書に対する答弁書。それによると、赤松氏の出張は、死去した山田氏夫人の通夜出席、山田氏は林業に関するシンポジウム出席や畜産価格の調査などのため。山田氏の出張には島田泰助林野庁長官ら農水省幹部も随行し、山田氏とは別に森林組合の会合などに出席した。赤松、山田両氏の公費の出張旅費は36万5000円、随行職員は167万円だった。答弁書は山田氏の出張に関して「公務を適切に遂行しており、問題ない」としている。 

【関連ニュース】
仁坂氏が再選出馬表明=和歌山知事選
協議機関で「疑惑隠し」?=企業献金禁止、与党にも異論
民主、手間取る「複数擁立」=逆風下の共倒れ懸念も
若手らが執行部批判=自民「期別懇談会」開催
中村新長崎知事が就任会見=「責任重大と実感」

静寂の港「油断はできない」=宮城・石巻の漁港−チリ大地震(時事通信)
ハワイ沖で実習の「宮城丸」無事 訓練中に津波観測(産経新聞)
<チリ地震>津波の養殖被害は数百億円に(毎日新聞)
<宮城アパート火災>重体の2歳長男も死亡(毎日新聞)
<ミニカー>プラチナ製トミカ 700万円(毎日新聞)
[PR]
by vzrlzho3bc | 2010-03-05 23:14
<< 米の核抑止力削減に懸念 事務レ... 「駄々っ子みたい」 山岡氏、自... >>